下地宏之

石垣島ファーマーズクラブいしがきじまふぁーまーずくらぶ  下地宏之  しもじひろゆきさん
平成27年度沖縄県青年農業者会議プロジェクト発表の部「奨励賞」受賞。

島らっきょう

2月

土を育て、土の力で育てる
無農薬で育てる。

2011年、東京から戻り農業を始める。畑は高台、石垣の海を一望する場所。野菜の旨さを土から見直し、無農薬栽培に取り組む。

農家の思い
農家の思い
土を育てる。土の力で野菜を育てる。自然の力で育った野菜は雑味がない。地産地消でいく。安心安全、おいしい野菜を追求したい。
栽培方法
栽培方法
土寄せを繰り返しながら日射し、乾燥から苗を守ります。日を避けることで軟白部を長くする。土壌は酸性、水はけがよく、いい島らっきょうが育ちます。
見分け方
見分け方
実の白いものがいい。白い柄が長いほどいい。収穫の走り、2~3月のものはみずみずしく、甘い。日に当たると黄または緑色がかり、スジっぽさが出る。
食べ方
食べ方
塩漬け、天ぷらがオススメです。下地家では、皮をむいてマヨネーズで食べる。油で炒めると香りが立ちます。刻んで肉と炒めて肉うどんにする、絶品です。
基本データ
基本データ
沖縄独自の小ぶりならっきょう。シャキシャキとした食感が人気。香味が強く、独特の辛味をもつ。匂いの素はアリシン。年中とれるが、2月~6月が旬。